成年後見制度について

成年後見制度とは認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力がはっきりしなくなった場合、ご自身の財産を管理・運営したり、契約を結んだりするうえで、正しく判断することが難しくなってきます。そのような方々を支援・保護することを目的とし2000年4月に作られた制度が、「成年後見制度」です。

 

成年後見制度が必要になる場合とは?

財産管理をする際や契約を結ぶ際に、正しい判断をすることが難しい場合とは、どのような場面でおこるのでしょうか。下記が事例です。

認知症の方が施設に入居する場合

認知症の方が老人ホーム等の高齢者施設へ入居する場合

の判断は認知症を患ってしまうと、難しくなってきます。

認知症の方が相続人になった場合

認知症の方が相続人になった場合、遺産分割行儀において他の相続人と正しく協議をすることが難しくなります。 

このような場合、最適な判断や、周囲の方の勝手な判断によって財産が 損なわれることが無いように法律的なサポートとして活用されるのが、「成年後見制度」です。

  • 初回の無料相談会
  • スタッフブログ

事務所所在地