任意後見と法定後見の違い

成年後見制度は、大きく分けると、「任意後見制度」「法定後見制度」の2つがあります。
では、どう違うのかここでご説明させていただきます。

任意後見制度とは

任意後見制度では、ご自身の判断能力が無くなる前に、自分の後見人になって欲しい人を自分で選んでおくことができる制度です。
任意後見人(任意後見受任者)には、身内の方はもちろん、知人や法人もなることができます。

について、明確に決めた上で契約書を公正証書にて結び、有効性を確保します。 

任意後見人制度は、本人の判断能力が正常な間はこの制度は有効になりません。認知症などの原因により判断能力が衰えてから始まります。

法定後見制度とは

法定後見制度とはすでにご自身の判断能力が無くなった場合、法律的な判断をできる後見人を選任するために、身内の方など、周囲の方が代理で家庭裁判所に申立てを行い、 家庭裁判所に後見人を選任してもらう制度です。法定後見人として選任される人物は、弁護士、司法書士、社会福祉士等の専門家の方々がなるケースが一般的です。
これは、家庭裁判所が選任するため、本人の親族や知人が選任される事はありません。 

家庭裁判所で選任された後見人の方が、ご本人の代わりに、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を取り消したりすることで、本人を保護・支援します。

また法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3種類があり、判断能力の度合など本人の
事情に応じて制度を選べるようになっています。

成年後見制度(法定後見制度)の種類

判断能力の不十分といっても症状は人それぞれです。
そこで成年後見制度(法定後見制度)は、対象となる方(被後見人)の症状にあわせて、法律上、

 の3つの種類に分類しています。

そのため、その人の症状に応じて、支援・保護する範囲が異なります。 
こちらに関しては、医師の診断書をもとに家庭裁判所が判断します。

つまり、必ずしも全ての権限を後見人にお願いするというわけではないのです。

後見

「後見」に該当する方は、意思能力の低下が最も著しい方です。

 1.   成年後見人は、成年被後見人(本人)の財産に関するすべての法律行為をできます。

2. 成年後見人は、成年被後見人が行う日常生活の行為以外は取り消すことができます。   

3.   成年被後見人は、「成年後見」が開始されると、本人の資格に制限が出て地位を失います。

また、印鑑証明書も抹消されることになります。

保佐

「保佐」に該当する方は、2番目に症状が重い場合です。

1. 被保佐人(本人)が行動する際に、保佐人の同意を得ないと行えない行為があります。

2. 保佐人は被保佐人が、上記の行為を無断で行った際には取り消すことができます。

3. 保佐人は、被保佐人の同意を得ることで財産管理の代理権を得ることができます。

      しかしその範囲や内容に関しては家庭裁判所の審判が必要です。

4.   被保佐人は、医師・税理士等の資格や、会社役員・公務員等の地位を失います。

補助

「補助」に該当する方は、意思能力が低下していると思われるような症状が表れているものの、比較的症状の軽い方です。ご本人の症状が軽い分、保佐人と比べると行える範囲は、狭いものとなっています。

補助人は、民法第13条で定められている行為の一部について、同意権を与えて欲しい事項を家庭裁判所に申し立てることができます。

それにより、被補助人は、上記で決定した事項については補助人の同意が必要となり、同意なしに行ってしまった行為について、補助人は取り消すことができます。

  • 初回の無料相談会
  • スタッフブログ

事務所所在地